『ヒューメネット文庫』楽々読み聴き β版

各著者のご了解を得て、無料公開中です。

お知らせ

22-03-31(木)「白変三足鴉」を掲載しました
22-01-01(土)「三足鴉」を「白頭三足鴉」に、「三つ足鴉」を「大正三足鴉」に改題しました
21-03-25(木)「あうんとPannちゃん連記」の連載を始めました
21-03-21(日)「天正三足鴉」を掲載しました
19-12-01(日)「三つ足鴉」を掲載しました
19-10-28(月)「はやぶさをかくせ」を掲載しました
19-10-03(木)「三足」をしばらくの間無料でお読みいただけます
19-10-02(水)「三足鴉」を掲載しました。
19-10-01(火)小説サイトを開設しました
10月15日までは無料でお読みいただけます

読者ID欄に読者ID(メールアドレス)を入力して
小説一覧の中から読む小説の「XXXを読む」をクリックしてください。
数ページ単位で表示されます。
試し読みは、"小説の説明"欄内の最初の2~3文字にマウスを置くと表示されます。

小説一覧

読者ID


カバー画像
題名
著者名[ペンネーム]
ブロック数:頁数
1ブロック料金(税込)
掲載日:更新日
小説の説明
試し読み(説明文の最初の2-3文字にマウスオン)
白変三足鴉
かなえ久聾
7ブロック:49頁
0円/1ブロック
2022-03-31:2022-03-31
某国の某人、某「私は、メラニンに係わる遺伝情報の欠損により白化したアルビノではない、東西南北から繰り返される侵略と内の腐敗から、国の独立と平和を確立しすべての人がしょくを維持し続ける資質を持つ白変種なのです」



「私たちは、三つ足で攫んで、嘴で銜えて、ルビコンでなくアルプスの頂に飛び立つ」



201x年xx月

「次の紛争地をどこにするか」「次期を狙う彼を既に踊らせています」

「今度は血を流させられない」「一滴も流さずにやります」

「役者がいるな」「テレビから始めています。あと一人はやる気満々です」

「ネット論者も賛反やりあわせています」



「連邦崩壊で失った国土を取りもどす」「国民はあなたの経済立て直し国力増強に満足しています、エカテリーナの再来を望んでいません」



「私は役者です、名誉ある役をありがとうございます」



1954年

フルシチョフが、クリミアをロシアからウクライナに割譲する



1960年

フルシチョフが、西シベリアの石油、ガス開発を進める。地質学者を北へ向かわせ、巨大な油田、ガス田を発見させる。



1966年

フルシチョフの指導で、ウラル山脈を越えてウラル地域の工業地帯に供給するパイプラインが建設れる。ソ連圏の経済協力機構「コメコン」加盟諸国間に「友愛ガスパイプライン」を建設させる。



1967年

ソ連指導部が、西シベリアからの天然ガスをハンガリーやユーゴスラビアを経由してイタリアに至るパイプラインによる輸出計画を承認する。



濃霧(pea-souper fog)にずっと悩まされて来た英国ロンドンが、石炭からパイプラインで供給される北海海底油田の天然ガスへの切り替えで、大気汚染から解放される。



1968年9月

ソ連の天然ガスが、自由化運動「プラハの春」が燃えさかるチェコスロバキアを経由してパイプラインでイタリアへ供給始まる。



1970年2月1日

ソ連と西独が、西独政府がガスパイプや機材の価格の85%相当の融資を行い、その半分に政府の信用保証を付ける、最初の天然ガス輸出契約を調印する。



1973年5月

ソ連が、チェコスロバキアから東独領内を通過しベルリンの壁を一時撤去して敷設したパイプラインにより西ドイツに天然ガス供給を始める。





1989年8月

ソビエト連邦ガス工業相チェルノムイルジンが、天然ガス企業として世界最大規模を誇る国営コンツェルン「ガスプロム」を創設し、社長に就任する。



1991年12月26日

ソビエト連邦が崩壊する。



1991年12月

ウクライナが、国民投票により90%以上の賛成を得て完全独立を決定する。



1992年12月

新興財閥「ガスプロム」社長の、急進的な経済改革では無く穏健な経済改革を主張しているチェルノムイルジンが、急進的な市場経済導入を推進して、特に低所得者層・年金生活者など社会的弱者の支持が急降下しているエリツィン大統領の登用により、第7回人民代議員大会でロシア連邦首相となる。



1993年9月

チェルノムイルジン首相が、ロシア議会(人民代議員大会と最高会議)解散に関するエリツィン大統領令を支持し、反対して最高会議ビルに立てこもっる副大統領ルツコイと最高会議議長ハズブラートフらを武力で鎮圧する。



1996年4月

チェルノムイルジン首相が。大統領令により設置された「チェチェン紛争解決国家委員会」議長に任命される。第一次チェチェン紛争の収拾に尽力する。



1996年9月

ヤヌコーヴィチが、政府から東端のドネツィク州国家行政府副長官に任命される。1997年5月まで同州第一副長官を務める。



1996年7月3日

エリツィン大統領が、決選投票で53.8%を獲得しロシア連邦共産党のゲンナジー・ジュガーノフ委員長を抑え再選される。ソビエト連邦共産党書記長・最高会議議長・初代大統領を歴任したミハイル・ゴルバチョフは、第一回投票で僅か0.5%の得票で落選する。



1997年5月

ヤヌコーヴィチが、ドネツィク州国家行政府長官に任命され、2002年11月まで務める。



1997年

上院外交委の民主党筆頭委員バイデンが、ポーランドなど東欧3カ国の北大西洋条約機構(NATO)への加盟を推進する。



1998年3月23日

チェルノムイルジンが、政権内で巨大な存在になったことを嫌ったエリツィン大統領に突然首相職を解任される。



1998年9月

ヤヌコーヴィチが、内政問題調整会議のメンバーとなる。



2001年5月

チェルノムイルジンが、駐ウクライナ大使に任命される。



2002年11月

ヤヌコーヴィチが、クチマ大統領に首相に任命され、2004年12月まで務める。



2003年

ヤヌコーヴィチが、地域党の党首となる。



2004年10月

ヤヌコーヴィチが、クチマ大統領の任期切れに伴うウクライナ大統領選挙に、親クチマ勢力の統一候補として立候補する。ドンバスを地盤とし、クチマ政権の内外政策の継続を主張する。

野党候補の元首相ユシチェンコが、前政権下の汚職と非民主化的な政治手法を攻撃して、民族主義勢力を糾合する。



11月24日

決選投票でウクライナ中央選挙管理委員会が、ヤヌコーヴィチが49.64%、ユシチェンコが46.61%を獲得し、ヤヌコーヴィチの勝利を発表する。

が、その後、与党側の大がかりな選挙不正が明るみに出て、首都キエフでの大規模な抗議運動により、決選投票のやり直しとなる。



12月26日

ユシチェンコが、再選挙の結果、ユシチェンコ52.12%、ヤヌコーヴィチ44.09%の得票で、勝利する。



2005年9月

ガスプロムとドイツのエネルギー大手E.ONおよび化学大手のBASFとが、ポーランドを経由せず直接天然ガスをロシアからドイツに供給するバルト海海底パイプライン「ノルトストリーム(NS)」の敷設プロジェクトを調印する。



2009年7月

バイデン副大統領が、副大統領就任から半年後に、ウクライナの首都キエフを訪問する



2009年10月9日

ポロシェンコが、ユシチェンコ大統領によりウクライナ外務大臣に指名され、ウクライナ最高議会の承認を得て任命される。



10月12日

ポロシェンコが、安全保障・国防評議会のメンバーに任命される。ウクライナのNATO加盟を支持する考えを明らかにする。、



12月

ポロシェンコが、「政治の意思、そうするべきであるという国民の願い希望、そして担当政治家に対する国民の支持があれば、さらに政策を正しく明確に理解すれば、NATO加盟はこの1年か2年のうちに成し遂げられるものと信じている」と、一方で「NATO加盟はそれ自体が目標ではない、我々のゴールは改革の実行と生活水準の向上であるべきだ。行動を起こしてよいかどうか誰かに許可してもらうのではなく、この国の状況を改善するためあらゆることをやるべきだと信じている」と述べる。



2010年1月17日

ヤヌコーヴィチが、大統領選挙に立候補し、第1回投票の結果、約35%の得票率で1位となる。



2月7日

ヤヌコーヴィチが、ティモシェンコとの決選投票に勝利する。



2月14日

ティモシェンコが、選挙にて不正が行われたと法廷闘争に持ち込む意向を表明する。



2月20日

2月16日にティモシェンコが、ウクライナ最高行政裁判所に提訴したが、訴えを取り下げる。ヤヌコーヴィチの当選が確定する。



2011年1月

ヤヌコーヴィチ大統領が、日本を公式訪問する。大勲位菊花大綬章を平成天皇から授与される。



2012年3月23日

ポロシェンコが、ミコラ・アザロフ内閣で新たに設立された経済発展・貿易省の大臣に任命される。同月、ウクライナ国立銀行理事長の職を退く。



10月28日

ポロシェンコが、70%の得票率で最高議会議員に返り咲く。



2013年

ウクライナが、欧州連合(EU)との政治・貿易協定の仮調印をする。



2013年12月

ヤヌコーヴィチ大統領が、経済、軍事的ともに協力関係にある中華人民共和国を公式訪問し、”核の脅威にさらされた場合は相応の安全保障を提供する”という文がある「中国ウクライナ友好協力条約」を調印する。

ヤヌコーヴィチ大統領が、EU連合協定署名を見送る。

組織と某国の某人の野望による、世界の平和と経済混乱、数百万の苦難を防ぐために、考え策し謀り、国の独立と平和を守った心のものがたりです。
大正三足鴉
かなえ久聾
18ブロック:87頁
0円/1ブロック
2019-11-16:2019-11-16
太平洋戦争終戦1945年5月10日

「1945年7月初旬に日本に対して”降伏要求の最終宣言”を発することに決まった」とホプキンスは言った。

「それでは日にちが足らない、もっと遅らせていただきたい」

「実験の準備はできていないのか」

「実験は7月中旬にできる、これは確かだ」とレズリーは断言した。

「それなら、3ヶ月やろう、いや3ヶ月しかあげられない」とホプキンスは言った。

「それでは3か月後の8月10日に降伏宣言を発するんですね」と言うと、「意味は同じだけど違う、”降伏要求の最終宣言”は7月26日に勧告する」とホプキンスは言った。「あの国は受諾するのに最低でも15日は掛かる」と付け加えた。「その工作は既に始まっている」とホプキンスは頭の中だけで言った。

「日にちが欲しいのはあなた達だけでなく、他にも欲しい人がいるのです。その人の要求がなければ既に最終宣言を発しています。その人の要求はどん欲ですからそんなに長い日にちをあげられない、実績をベースにフォッサマグナまでの分割占領を要求するどん欲さですから」と更に言った。

レズリーは8月10日がリミットかと計算した、このリミットを長くすることは出来ない、短くなることもないなと思った。



第1日目1945/5/11

「我が国への降伏勧告は7月26日に出されることが決まった、今の国状を見れば降伏勧告が出れば速やかに受諾するべきである」と主が言った。

「国体の護持は確約されたのですか」と忠司が聞いた。

「我が家(イエ)の使命は、国体には関らない、天皇個人のお命を守ることでもない、家系をお守りすることである」と主が言った。

「畏れ多いことですが、今上にもしものことがあってもですか」と問うと「そうだ、家系をお守りするのに必要ならば。家系がお守りできることを確立してから受諾しなければならない、また確立したなら速やかに受諾しなければならない」と主は答えた。

「誠、お前はアメリカと官僚の工作に当たれ。忠司、お前は軍部の工作に当たれ。日美子、お前は侍従の工作に当たれ。金と人脈は私に言え」と主は命じた。

そのあと、誠だけを呼んで「アメリカとの連絡はお前の人脈を使え、清水内閣書記官長には連絡を入れておく」と言った。その後、忠司だけを呼んで「林近衛師団参謀には連絡を入れておく」と言った。その後、日美子だけを呼んで「星名女官長には連絡を入れておく」と言った。



1932年2月

関東軍がハルビンを占領し中国東北部を制圧した。

関東軍参謀が、統帥権干犯にならないように軍法の穴をかいくぐり、政府の不拡大方針や陸軍中央の局地解決方針を無視して、自衛のためと称して戦線を拡大し、独断越境した朝鮮軍の増援を得て、管轄外の北部満洲に関東軍を進出させた。

1937年10月5日

アメリカ大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルトが「世界の九割の人々の平和と自由、そして安全が、すべての国際的な秩序と法を破壊しようとしている残り一割の人々によって、脅かされようとしている。無秩序という世界を蝕む疫病が広がりだした場合、共同体は、疫病の流行から共同体の健康を守るために病人を隔離することを認めている」とアメリカが先頭に立って大掃除をすることを宣言した。

ルーズベルトは曾々父がアメリカ合衆国憲法制定会議のメンバーであったことを大きな誇りとしていた。

1941年10月18日

東條内閣が発足した、東條は陸軍大将に昇進した。

当初は、時局収拾のためという名目で陸軍大将の東久邇宮稔彦王による皇族内閣の成立が望まれ、天皇も「陸軍・海軍が平和の方針に一致するのであれば」という条件で東久邇宮首班を承認した。木戸幸一内大臣が「皇族の指導によって政治・軍事指導が行われたとして、万が一にも失政があった場合、国民の恨みが皇族に向くのは好ましくありません」と言って東久邇宮首班に反対し、「強硬論を主張する東條こそ、逆説的に軍部を抑えられる」と進言した。その結果、東條に組閣の大命が降りた。

1941年11月27日

日本が最後通告と受け取った交渉文書試案『合衆国及日本国間協定ノ基礎概略』(通称ハル・ノート)がコーデル・ハル国務長官了解のもとに日本側に提示された。

1941年12月1日

御前会議で対米開戦が正式決定された。

1941年12月6日

ルーズベルト大統領が昭和天皇宛に「平和を志向し関係改善を目指す」親電を送った。同日日本側の交渉打ち切り文書「対米覚書」が野村吉三郎駐米大使に渡された。

1941年12月8日

大日本帝国軍が真珠湾基地を攻撃した。

ハワイには移動式のサーチレーダーステーションが6ヶ所設置されていた。オアフ島北端に設置されてあったレーダーステーションでレーダーのオシロスコープスキャナーに、80マイルまで接近している50機を超える飛行機の大編隊とおぼしきものがキャッチされた。担当二等兵が情報センターに電話で報告すると、若手陸軍航空隊中尉が応対した。その時二等兵はレーダースクリーン上の編隊の大きさについては報告しなかった。中尉は”フィリピンに配備される予定である12機のB-17がオアフ島に飛来する予定”と、”2隻の空母が航行中であること”とを、下級兵には知らされない”軍事機密”として知っていたので、その機影をそれらと誤認したと思い、ただ「気にするな」という返事をした。

時天皇家の存続のために、アメリカおよび国内の諸勢力と生きた3人の青年の心の物語です・
白頭三足鴉
かなえ久聾
29ブロック:130頁
0円/1ブロック
2019-10-01:2019-10-01
祖国の統一と独   前日
「いつできるんですか」
「1年下さい。」


「いえ、半年 半年 ください。」

「3ヶ月、3ヶ月     。」

「それでは、3年で必ずやりとげてください」

「え、  分かりました、必ず2年半で開発を完了します。」
「3年後の明日には、導領旗が漢拏山山頂にたなびいています。」
「そうですね」
「必要なものは何でも彼女に命じてください」
「明日、天池荘に四人で登ろう」
「はい、わかりました。」
「皆様の装備は、お部屋に準備してあります。四時半にお部屋にお迎えに参ります。」
「それでは、明日」と言って部屋を出てくのを、三人を見回し一礼した後ハウンは後を追った。
「三人に良い助手をつけてやってくれ」
「分かりました、団員の中から十二人選りすぐって夕食の給仕に当たらせ指名していただきます。」
「優秀で大事なお友達9人です、三人の嗜好をあなたはよく把握しているから3人を決めてやりなさい」
「ありがとうございます。」「団員全員、ご指示は全身全霊をかけてやり遂げます。」
「全力をかけてやり遂げられる任務が与えられるべきもの達です。」
選ばれなかった9人は、三人の顔を見てしまった以上数年間隔離しなければならない、それだけ三人は、この任務は、大事なのだとハウンは気を引きめた。
   
   第一日目  2017/10/10

ハウンが三人を連れて四時三五分に部屋に入ると、    
「おはよう、準備はできているようですね、しっかり眠れましたか」
「おはようございます。すっきりと目覚めることができました。」
「三年間身心ともに助け支える助手として及第ということですね、彼女らは先に研究室にて準備するように指示してあります」
「これからはあなたの指示しか聞きません」と、三人は目を直視されながら言われた。
「わたしは肥満で登山はできないので、彼女が同行します。それなりの手段で登って待っています。青い空、緑の木々、白い峰々、澄んだ空気を十分味わって登ってきてください」
「それでは私たちは出発させていただきます。」
廊下を歩きながらハウンは、「皆様、7合目まではヘリで参ります、そこからは登攀となります」と、今日の概略を説明しだした。「装備はヘリの中で装着していだきます」「朝食もヘリの中で摂っていただきます」
立とをかけて、俊英技術者と俊叡指導者とその旬瑛補助者たちの智謀を駆使して、戦わざるして戦い、勝利した心の物語です。
天正三足鴉
かなえ久聾
4ブロック:49頁
0円/1ブロック
2021-03-18:2021-03-18
戦国の世を統べ 1535年

 「即位式が行われた。践祚10年後にである。北条、大内、今川からの銭、絹布等の献上を受け、紫宸殿でだ。」「先には43日間葬儀も行えなかった」と主が言った。
「我が家(イエ)の使命は、国体には関らない、天皇個人のお命を守ることではなく、家系をお守りすることでは」と信重が言った。
「今の国状が続けば、武家氏族に扶養される家系となってしまう、天皇家としてある世にしなければならない、乱れた世を統べる者をつくらねばならない」と主が言った。
「今川となりますか」と信重が言った。
「九州では遠すぎる、今川を倒してくるには時がかかりすぎる。今川の京への道筋をつくれ」と主が命じた。
「海道の要衝の、大垣、桑名、鳴海に根付いています。尾張へは難なく侵攻させることはできます」

「その後に美濃、近江があるが、尾張侵攻の勢いがあれば、また御旗を立てれば、雪崩をうって臣従していくであろう」と主が言った。

<S>1536年

 今川義元が今川氏の当主となる。
 「海道一の弓取りとせよ、第一として甲斐の武田との同盟を策せ」と主が信重に命じた。

 1533年に処刑されたインカ帝国皇帝アタワルパの弟マンコ・インカ・ユパンキが、スペイン人同士の不和を利用して首都クスコを回復したが、スペイン人たちに奪還される。
 海に面した急勾配の土地を利用した段々畑をつくり、低い土地ではトマトやトウガラシを、高地では寒冷地を好むジャガイモを、高度に応じた多品種農産物と、リャマやアルパカの牧畜とによる、相互扶助的な社会、土地・鉱山・家畜などすべての生産手段はアイリュと呼ぶ共同体に帰属する社会が破壊されていく。各家族から1人が徴用され死ぬまで金銀山で働かされる。

 信重子信種生まれる。

1537年

 今川義元が、甲斐の武田信虎の娘を正室に迎え、武田氏と縁戚関係を結ぶ。
 同盟関係にあっ北条氏綱が怒り、駿河国富士郡吉原に侵攻し富士川以東を奪う。

1540年

 教皇パウロ3世が、「どんな活動でもよい意志をもって精力的におこなえばかならず神の国のためになる」と言ってイエズス会を承認する。イエズス会が教皇とポルトガル王の先遣隊となり侵魂隊となる。

1541年

 織田信秀が、伊勢外宮に銭700貫文と材木を献上する。

1543年

 織田信秀が、内裏築地修理料として4000貫文を朝廷に献上する。

 種子島に異国船が漂着する。当主種子島時堯(ときたか)が、異国商人フランシスコおよびキリシタ・ダ・モッタより鉄砲2丁を買い取り、数10丁の複製をつくらせる。紀伊国根来寺の杉坊の津田監物にこの1丁を与える。堺の橘屋又三郎に銃の技術を学び取ることを許す。

1545年

 今川義元が関東管領の上杉憲政(のりまさ)と同盟を結び、武田氏の援軍により、北条氏康を挟み撃ちにして和睦し、1537年に占領された富士川以東を奪い返す。

 「宗丹より灰吹法を修得した吹工宗慶という者を安倍金山にいれよ」と主が信重に命じた。
「灰吹法とは」と信重が聞いた。
「金・銀を高い純度で精錬できる技術である。金山、銀山の開発を進めさせよ。これからは、物はある所からない所へ欲する所へ流れる、だがその流れを自らに向けさせるのは代りの物ではなく金か銀である。金銀を持つ者が強い弓を持つのだ」と主が言った。

1546年

 足利義輝が11歳で将軍宣下をうける。
 今川義元が、安部川上流の「安倍金山」や富士山麓の「富士金山」など、金山開発を進め、金の精錬に「灰吹法」を採用して生産量を飛躍的に増加させる。

 スペインがマヤ文明の北部と南部を支配下に入れる。

1547年

 今川義元が三河の吉良大浜城攻略に初陣する。
 「領内の検地を進めさせよ」と主が信重に命じた。
 「検知により土地の面積・種類・石高を正確に把握すれば、租税を厳しく徴収することができようになります、租税隠しをなくすことができます」と重信は応えた。
 「それもあるが、重要なのは適正な祖税負担、適正な兵役負担を課すことである。役人の徴収不正を無くすことである。過度な負担、均整でない負担は民を身心疲弊させる、疲弊した民の弓は弱く脆い」と主が説した。

 三河の松平広忠が、織田の攻撃に対応するために今川義元に援軍を請い、人質として子の竹千代を差し出す。護送役の田原城主戸田宗光が、竹千代を駿府に送らず織田信秀に売り飛ばす。織田信秀は竹千代を織田家の菩提寺である万松寺に預ける。

1548年

 織田信秀と斉藤道三が和睦して、信長と濃姫の婚姻を決める。
 織田信秀が三河に侵攻するが、軍師雪斎と譜代重臣朝比奈泰能(やすよし)らを大将とした今川軍に大敗する。松平広忠が再び今川に帰属する。

1549年

  今川義元が松平広忠の死去で領主不在となった岡崎城に家臣を送り込み、事実上松平家の所領を領有する。松平家の支配下にあった三河国の国人領主を直接今川家の支配下に取り込んでいく。織田方の三河安祥城を攻略して、織田家の勢力を事実上三河から駆逐する。信秀の庶長子の安祥城将・織田信広を捕らえ、人質交換により松平広忠の長子竹千代を奪い返して配下とする。
 今川義元が駿河・遠江・三河三国を領国とする大大名となる。検地を進め、土地の面積・種類・石高を正確に把握して、石高に応じて租税徴収や、軍役を課す。米の石高が大幅に増加する。さらに物流網を整備し、商人統制を強化して商業を発展させる。

1551年

 大内義隆が、天皇に捧呈すべく用意していた葡萄牙印度総督とゴア司教の親書のほか、望遠鏡・置時計・ガラス製の水差し・鏡・小銃などを献上したフランシスコ・ザビエルに布教の許可を与え、拠点として大道寺を与える。
 大内義隆が、公卿的生活に浸り中央指向の姿勢を貫き、国情を無視して臨時賦役を課したため、周防国守護代陶隆房(すえたかふさ)の謀反により、敗走自害する。

1552年

 41歳の織田信秀が末守城で没する。信長が家督を嗣ぐ。
 
1553年

 今川義元が父の定めた今川仮名目録に、室町幕府が定めた公領や荘園への守護立入を禁じた『守護使不入』の廃止など21条を追加する。室町幕府の権威によって領国を統治する守護大名ではなく、自らの実力によって領国を統治する国主であること宣言する。

1554年

 今川義元が嫡子氏真に北条氏康の娘早川殿を縁組し、武田氏・北条氏と互いに婚姻関係を結んで甲相駿三国同盟を結成する。
 斉藤道三が織田信長と濃尾国境の聖徳寺で会見する。道三が、数百の槍・弓・鉄砲を整然と従えて行進してきた信長の軍才・奇才を見て、「我が子たちはあのうつけの門前に馬をつなぐようになる」と、家臣の猪子兵助にもらす。
 「美濃と尾張の結合を崩せ」と主が信重に命じた。
「道三と子義龍との仲を崩しています。”義龍が先の美濃守護土岐頼芸の胤である”と諸所に諷しております」と信重が答えた。「2~3年で美濃は割れ崩れるな」と主が言った。

1555年

 藤原氏長者・関白左大臣近衛春嗣が従一位に昇叙し、足利家からの偏諱「晴」を捨てて名を前嗣(さきつぐ)と改める。

 神聖ローマ帝国皇帝カール5世がアウクスブルクの帝国議会で、連邦君主がカトリックと、教皇・教会の腐敗の改革を訴えたルターにより興された新教と、を選択する権利を認める。領民は君主が決定する宗教を信仰しなければならない。

1556年

 斉藤道三が子の義龍に長良川の戦いで敗死する。
 織田信長が弟信勝を推す林・柴田らを稲生の戦いで撃破するが、母戸田氏の懇願で赦す。

1557年

ポルトガルがマカオに要塞を築いて極東の拠点とする。

1558年

 織田信長が、岩倉城主織田信賢と結び再び織田信長に背く弟の信勝を、病気と偽り清州城に誘殺する。

1559年

 織田信長が上洛して足利義輝に謁見する。岩倉城を攻落して織田信賢を追放し、尾張をほぼ統一する。
 近衛前嗣が上洛した越後の長尾景虎と血書の起請文を交わして盟約を結ぶ。
 倭寇の頭目王直が明総督胡宗憲の官位をちらつかせた誘降に乗って、捕えられ処刑される。
 「尾張が固まる前に踏潰しなければならない」と主が信重に命じた。
「沓掛城から鎌倉街道の二村山、間米、田楽狭間より尾張攻略拠点となる大高城への道筋を固めてあります」と信重が答えた。







るとは、世を統べるとは、天皇家をまもるとは、3足の鴉が飛び、羽ばたき、落ちる心のものがたりです。
はやぶさをかくせ
かなえ久聾
3ブロック:24頁
0円/1ブロック
2019-10-28:2019-10-28
はやぶさが世界 2005年11月27日

「はやぶさをかくせ」と川田が言った。

「かくせってどういうことですか、やっと地球への帰還が始まったところですよ」と荻沼が言った。

「はやぶさを守るのだ、あなたならわかるでしょう」

「いつまでですか」と荻沼が聞くと、「最悪、大気圏再突入前日までだ

「最低、ヨーロッパの宇宙技術者がここまでくればほぼ確実に、はやぶさが地球に帰還できると考える地点まで帰ってきた時までだ」

「誰も妨害できない情況になるまでだ」と川田は言った。

「はやぶさを支えてくれた人はいない、世界初の5つのミッションの成功を望まない人がいる」

「イオンエンジンの数万時間の稼働、レーザ高度計や近距離センサなどを用いて情報をとり自分の位置を判断し自分で目標に近づきながら姿勢を変える自律誘導航法、月よりはるかに遠い小惑星の表面サンプル採取、イオンエンジンを併用しての地球スイングバイ、小惑星表面サンプルを採取したカプセルを持って地球に帰還、すべて世界初だ」と川田は続けた。

「絶対に部外者をオペレーション室に入れるな、大臣秘書であろうとNASAからの視察であろうと。はやぶさへの操作は最低2人以上で行え。はやぶさのプログラム、遠隔操作システムのプログラム修正は君の許可がなければ絶対にできない仕組みを組み入れろ」と指示した。

更に「プログラミングムメンバは信頼できる3人にしぼれ、その3人の家族は本センタの寮に住まわせろ、例外なしに、それができないなら外せ。対外発表は私だけが行う、だれも外部と接触するな」と言った。

4年3ヶ月の無言の戦いが始まった。

1995年8月

小惑星サンプルリターン技術実験探査機プロジェクが、宇宙工学委員会で選定され宇宙開発委員会が承認して正式に開始された。
初の5つのミッションを達成しようとしている。はやぶさの成功を望まない人、国から、はやぶさを守った人たちの心の物語です
あうんとPannちゃん連記
あうん
8ブロック:33頁
0円/1ブロック
2021-03-01:0000-00-00
今小学4年生の自己紹介



私は、あうん。

もうすぐ小学4年生になる女の子。

小学4年生になるので、”あうん”と、ちゃんづけせずに大人っぽく自分を呼んでいます。

長い睫毛と三日月の眉と二重瞼のとてもかわいい子です。

私の友達の名前は”Pannちゃん”です。ミャンマー語で「花」です。花は春に咲き、夏に咲き、秋に咲き、冬に咲きます。人はうれしい時に花を贈ります、悲しい時に花をもらいます。いつも、明るく光り輝き、他人に幸せを与えられる子供に、大人になるように、お母さんが”Pann”と私の友達を名付けてくれました。

お母さんはミャンマーから来ました。ご飯を丼いっぱい食べます。鶏肉は食べますが牛肉は絶対に食べません。私より美人ではないし、お腹がすくと怒りっぽくなります。お父さんは私より男前でないし、ぶっちょ面で頭もよくないです。

だから私がいないと、笑いがないし暗くて楽しくないです。



達観



決まった男の子はいません。

お母さんは「お友達はいっぱいつくりなさい、色々な人とお友達になりなさい」と言います。「特定の人を決めるのはもっと多くの人を知ってからにしなさい」と言います。

お父さんに聞くと、「運命の人に出会うのはいつかわからない、最初に会った人の時もいっぱいある」と言います。「それならお父さんの運命の人はあ母さんなの、何人目に会った人なのお母さんは」と聞くと、「運命の人でない人は会ったとはいえないから、運命の人が初めて会った人で結婚しちゃったから、お母さんが初めての人で運命の人だ」と言います。



私は、小学4年で男女を達観してしまいました。「運命の人に出会ったら今までの多くのすべての出会い人を鈍色に塗り、また別の運命の人に出会ったら、今までの運命の人も鈍色に塗る、その塗り替えを今世でするもあれば来世でする、再来世でするもある、塗り替えを何回するか何時するかの違いだけ」。

達観は、テレビでお笑い芸人の”たっかん”がなんでも分かったような顔をして最後にに俺は”たっかん”だからと終わるのを皆が笑っているので、”たっかん”は”達観”と書き、”物事の真理・道理を知っていること”とスマフォで調べてこの漢字を覚えたのです。





お父さんに、私を愛してると聞くと、「もちろん愛してるよ、16歳までは育てるよ、それまでしっかり甘えて」といいます。「16歳まで?」と私が言うと、「長すぎる?14歳までがいい?」といいます。私が答えずにいると、「いくら何でも13,12は早すぎる、憲法で子供を扶養する義務が定められている」と言います。

『中学卒業したら就職して家を出て行けかよ』と言い出そうとしてお父さんを睨むと、お父さんは「お、仕事、仕事。お父さんはずっとお父さんだからね」と言って慌てて家を出て行きました。

『16歳までは育てるよ』の意味は何なんだろうと考えると、人生は簡単に達観してはいけないんだ、わかってはいけないだという事は分かりました。





学校で、『さとうをくわえる』の”くわえる”を漢字にしなさい、と試験に出ました。私はサトウを口にくわえると思い、難しい問題だなと思いながら、”咥える”と書きました。先生は X にしました。お父さんとお母さんに言うと、これなんと読むのこんな字ないよ、だからX なんでしょと言います。

私は校長先生に手紙を出しました。校長先生から「咥えるという字はあるけど、学校で教えていない字です。”砂糖をコーヒーか紅茶にくわえる”だから、”加える”が正しいのですよ」と返事がきました。ますます人生はわかってはいけないんだと分かりました。



学校で、ローマ字を学びました。アルファベットの内の20文字で仮名文字を書くのです。かな1文字にアルファベット2または3文字使って書きます。面倒だなと思いました。先生はローマ字を使えば26文字のアルファベットを覚えるだけで文章が書けるようになると説明しました。

「私たちはもう仮名文字全部覚えているから何故ローマ字覚えるの」と先生に聞きました。「文科省の教育指導要領に4年生で教えることときめられているから」と言いました。「何故決まったいるの」と聞くと、「仮名は外国の人には読めないけど、アルファベットなら多くの外国人が読めるからです」と教えてくれました。

「じゃ外国人だけに教えればいいじゃんと」皆が言いました。「外国人に何か教える時、書けないといけないでしょ、だからローマ字を皆さんも学んでください」と先生は言いました。「外国人に何か教える時って私たちほとんどないよね」と皆はいいましたが先生は、「これからはいっぱいありますよ」と言ってローマ字を教え始めました。

皆は「外国人は馬鹿なのね、20文字しか覚えられないんだ」と言いながら学校から帰っていきました。

簡単なので全部覚えました。16歳までに使うことあるかな~。さらに子供は、”達観”してはいけないんだと分かりました。





あうんと友達のPannちゃんの心の日記です。2~3週ごとの連載です。?歳になるまで連載予定。

◆ご注意ください◆
既に本サイトを開かれている時に別のウインドウで開かれますと、 後で開いたウインドウが有効となります。 既に開いていたウインドウは操作されると本サイトのトップページに遷移します。

本サイトは、株式会社ヒューメネットが運営しています。
本サイトに掲載しています小説の著作権は著作者と株式会社ヒューメネットにあります。
本サイトへの小説掲載の申込み、掲載小説の著作者へのコンタクト、または弊社へのお問い合わせは、以下のURLにお願いします。
■お問合せ http://www.humenet.biz/contact.php
■会社HP  http://www.humenet.biz/top.php